炭酸水で空腹感を解消することができる!ダイエットにおすすめ

炭酸水で空腹感を解消することができる!ダイエットにおすすめ

何らかの事情によりダイエットが必要になることがあると思います。

 

 

私の場合は、健康のためにダイエットを考えました。そのダイエットですが、ダイエットの目標として数値目標を設定します。その数値目標は、これまでの食生活等を改めることが要求されます。

 

 

体重増加の要因は、様々です。大きな要因の一つとして考えられるが、基礎代謝を超過する食事によるエネルギーの摂取量があります。そのために、食事を適正な量と内容に変更しなければなりません。言葉で食事の内容を変えよう・食事を制限しようといったところで、空腹感の現実を解消することは、現実として難しく、ダイエットが上手くいったとしても、リバウンドなどの現実が待ち受けます。

 

 

私がお勧めするのが、ダイエットの補助として炭酸水を飲むことです。麦茶やお茶と比較して、炭酸水は、炭酸でお腹が膨れて空腹を解消する効果があります。私は、食事制限して適正な食事量にした場合に、どうしても空腹感が解消できませんでした。しかしながら、この炭酸水を一日あたり、1.5リットルから2リットル飲むことで空腹感を解消することができました。

 

 

実は、人間は、汗や尿、便に加えて不感蒸泄などにより1日で体外に排出されます。個々人で異なりますが、おおよそ、一日で排出される水分は、尿が1〜1.5リットル、便が0.2リットル、汗や不感蒸泄が0.8リットルと言われています。これらを合計すると、1日に排出される水分量は2〜2.5リットルという計算になるのです。排尿などを通して、体内で不要なものを排出するなど、健康上も水の摂取は必要不可欠なのです。ただし、注意が必要なのは、食事を通しても水分を摂取していますから、余りにも過剰な水分摂取や炭酸水のみによるダイエットは、決して健康的とはいえません。あくまでも炭酸水は、空腹感を軽減する手段であって、ダイエットの手段でないことにご留意を下さい。

 

 

では実際に、どの程度のダイエット効果があったかが気になると思います。平均で1か月あたり2kgの体重の減少と食事の30%削減を1.5リットルの炭酸水で実現できました。私は、このダイエットを3か月続けまして、目標体重を実現しました。その後も、食事削減量を20%として、リバウンドなしの状態を半年維持しています。

 

 

 

つまり、水分を十分に摂取することは、体の仕組み上、必要なことであるばかりか、ダイエットの空腹感の解消となり一石二鳥なのです。
このようにダイエットは、無理せず、体の仕組みに合わせることで、ストレスなく付き合えます。