効果的な筋トレは、必要な栄養素があって初めてできるもの

効果的な筋トレは、必要な栄養素があって初めてできるもの

筋トレでトレーニングを頑張るのは大切なことですが、筋肉をつけるためには、実はそれだけでは不十分です。

 

 

筋肉をつけるには、必要な栄養をしっかり摂取しなければなりません。これが不足していると、なかなか効果が出ないこともあるのです。
では、筋トレに必要な代表的な栄養素を紹介していきましょう。

 

まず、最も大切なものは、タンパク質です。

 

タンパク質は、筋肉の材料になる栄養素なので、筋トレには欠かせません。

 

筋肉は、筋トレによって傷つき、そこから回復することで発達していきますが、タンパク質が足りなければ十分な回復はできません。回復できないまま再び傷つければ、筋肉は衰えていきます。
つまり、タンパク質が不足したままの筋トレは、筋肉を増やすどころか、逆に減らしてしまうことになるのです。
そのため、タンパク質の摂取は筋トレの基本であり、必ず摂取しなければなりません。

 

また、糖質も重要な栄養素となります。

 

これは活動のエネルギーになるので、タンパク質と同様に、筋トレには必須です。

 

運動のエネルギーとなるのは脂質も同様ですが、筋トレのような無酸素運動の場合、主に消費されるのは糖質になります。
糖質が不足していると、タンパク質を分解して必要なエネルギーを補うため、筋肉の材料がなくなってしまいます。
そのため、糖質を摂らないままトレーニングを続ければ、やはり筋肉は減ってしまうのです。

 

そして、筋トレにはビタミンの摂取も大切です。

 

ビタミンは健康によいことで知られていますが、筋トレでは意外と見落とされがちです。
しかし、筋肉の合成や糖質の代謝には、ビタミンが必要になります。もし不足すると、そうした働きが正常に行われず、筋トレの効果は落ちてしまいます。
そのため、タンパク質や糖質と一緒に、ビタミンも忘れずに摂取するべきです。特に、代謝に効果のあるビタミンB群は積極的に摂るようにしましょう。

 

このように、効果的な筋トレとは、必要な栄養素があって初めてできるものです。
筋トレの際は、ぜひ食事にも注目し、栄養をたっぷり摂ることを心がけましょう。"